埼玉 飯能の中継局
 
飯能唐竹局
飯能原市場局
飯能上赤工局


04年の送信所めぐりはまず地元からという目標で

埼玉県の中継局からスタート!

飯能にある中継局はいわゆる、難視聴対策用の中継局で

ミニサテライトと呼ばれる施設である。

ミニサテライト訪問は初めてです。

道順は川越からは川越線で東飯能駅へ出て、

バスで名栗村方面へ向かうことになる。

 

国際興業バス「名栗車庫」行きに乗り、唐竹橋で降りる。

バスに乗っているとだんだんUHFアンテナの家だけになってくるのが分かる。

受信アンテナ方向を頼りに送信所を探す。

 

飯能唐竹

 

全景とアンテナ拡大。今までに見ないアンテナの形状です。

見るにループアレーアンテナですか?ループアンテナですよね。

機材部分の拡大写真。

NHKのしるべが有ります。

 

飯能原市場

原市場中学校前。

  

飯能原市場中継所の全景とアンテナ拡大。唐竹と同じように

ループアンテナ系が使われています。

送信機材の部分ですが、なんと!

一般の民家ですよこれ!送信所の柱は民家の敷地内にあるのです。

敷地の確保ができなかったのでしょうか?

こういうケースはUTY甲府北(トヨタの敷地内)以来ですねえ。

 

飯能上赤工

送信所の遠景。

 

上赤工局の全景。

 

アンテナ拡大部分とNHKの標。しかしこの飯能のサテライトは

どこで受信しているのか謎である。

送信機材の部分。

 

ボックスを良く見てみれば、上赤工中継所であることを

示した文字プレート(シール)が取り付けてあります。

 

赤工バス停より帰路に着く

今度は終点の名栗車庫まで行って

名栗中継所も見ておきたいですね。




100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!